047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

頭痛に効くツボとは?津田沼の整体師が解説

ブログ

頭痛に効くツボとは?津田沼の整体師が解説

目次

頭痛ってなんで起こるの?

頭痛を治すには
まず頭痛のことを知らなければなりません!

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
という言葉もあるとおりしっかり知って対処したい!
という方は過去記事でもメカニズムについてなど
ご紹介していますのでこちらを
下記リンクご覧ください。

・整体で頭痛が治るワケ…薬に頼らず根本改善するには

・頭痛の原因、もしかしたら肩こりかも?整体行くべき?

実は私たち治療家ではよく言われることなのですが
同じ手技を施しても「なぜ治るのか?」が正しく理解できていないと
効果が半減するのです。

今回はセルフケアの「ツボ押し」
になりますのでお時間があれば
頭痛について知っておいた方が効果が出やすいかもしれません。

緊張型頭痛に効くツボ

耳の後ろにある頭痛のツボ「完骨」(かんこつ)

完骨

完骨は頭痛の他に
めまい、耳鳴り、頚部筋肉痛、顔面神経麻痺、肩こりなどにも効果のあるツボ。
特に不眠症の特効穴で後頭部の神経と関係が深いツボなので
筋肉の緊張を緩めるのに良いツボです。


【ツボの場所】
耳たぶの後ろにある骨の出っ張り(乳様突起)の後ろ側にあります。

後頭部にある頭痛のツボ①「天柱」(てんちゅう)

天柱

天柱は頭痛や肩こりに効くツボの一つです。
頭部(天)を支える柱という意味のツボです。
効果としては他にも
抜け毛の予防、目の疲れの緩和、自律神経を整える、肝臓の働きを活発にする
などたくさんの効果があります。

【ツボの場所】
下を向いたときに盛り上がってくる首の筋肉の
後頭部のでっぱりとのぶつかる所です。

後頭部にある頭痛のツボ②「風池」(ふうち)

風池

風池は、
風邪(風の病)がたまる場所という意味で風池という意味のツボです。
首から~肩の筋肉の血流が改善され、頭痛、血行促進、眼精疲労や肩コリ、背中の痛みにも効果があります。

【ツボの場所】
天柱穴の指一本外側を頭側やや内側に押します。

肩の中心にある頭痛のツボ「肩井」(けんせい)

肩井

肩井は
肩・肩甲骨にある井戸(へこんでいる部分)という意味があるそうです。
他にも足の裏にある湧泉穴という所から「気を引き上げる」=井戸
といういみもあるとかないとか

効果としては
頭痛の他に、全身の血流UP、肩こり、
五十肩、頚腕症候群、冷え性
などにも効きます。

【ツボの場所】
下を向いたときに一番出っ張る首の骨(第7頚椎)と
肩の角っちょ(肩峰)を結んだ真ん中になります。

肩甲骨の淵にある頭痛のツボ「肩外兪」(けんがいゆ)

肩外兪

肩外兪は
肩外というのが肩甲骨の外側という意味が名前の由来。
頭痛の他に
肩こりや背部痛などに効果があり血流を良くするツボです。


【ツボの場所】
肩甲骨の上のでっぱり(肩甲骨上角)の少し背骨側

片頭痛に効くツボ

手にある万能ツボ「合谷」(ごうこく)

合谷

合谷は
人差し指と親指の「合」わさる「谷」間にあるのが由来とされるツボです。

合谷は万能穴とも言われ、色々な効能がありますが
頭痛の他には
目の疲れ、歯の痛み、顔面神経症状、肩コリ、風邪、生理痛、胃腸の調節、精神安定などに使われます。

【ツボの場所】
人差し指と親指の骨を根元にたどって
ぶつかる所の谷間の部分、やや人差し指寄りのところになります。

脳天にある頭痛のツボ「百会」(ひゃくえ)

百会

百会というのは、
「百」沢山のものが
「会」交わるという意味で
5つの経絡(ツボを結んだ道筋)の流れが交わる
「交会穴」
というものになります。

色々な経絡が交わるので万能ツボとして使われますが
頭痛の他、目の疲れ、肩こり、自律神経の調整、不眠症などにも効果があります。

【ツボの場所】
両耳を脳天で結んだ線と、鼻から脳天にまっすぐ引いた線の交わる部分が百会になります。

目じりにある眼精疲労のツボ「太陽」(たいよう)

太陽

太陽は経外奇穴と言われて14経絡に属さないツボの一つです。

「眼病一切太陽穴」
「眼医者殺し」

と言われるくらい目の症状に良く効くツボです。
目の疲れは頭痛の原因の一つになりますので頭痛にも有効です。

【ツボの場所】
目じりと眉じりを結んだコメカミのくぼみ

肘にある頭痛と血行促進のツボ「曲池」(きょくち)

曲池

曲池は
肘を「曲」げた時に出来る、くぼみ(池)という由来のツボです。

曲池は上半身の血流を良くすることで
肩こりや頭痛にも使われるツボですが
下痢や便秘などの胃腸系の症状や
ニキビや肌荒れなど
の症状にも効果のあるツボです。

【ツボの場所】
肘を曲げた時に出来る、外側のシワの先にあります。

ツボを押すときの注意点

力ずくで押さない

いわゆる鍼灸などで言われる経穴(経絡)
これは神経が集まる場所だったり
血流の要所だったり
力学的に筋肉のコリができやすい場所(トリガーポイント)

だったりします。

痛い方が効くんじゃないかと
テレビでやっている足つぼみたいに
グイグイ押す人がたまにいますが
逆に体を痛めてしまいます。

中には深い位置を押すのに
ちょっと力を入れたりはしますが
優しく痛気持ちいい
くらいの強さで押しましょう。

患部にケガや腫れ、ズキズキ痛むなどの場合はやめる

ツボを押そうとしても
そこが腫れていたり
熱を持っていたり
ズキズキ痛む場合は
刺激することで悪化させてしまう場合があるので
やめましょう。

食事や飲酒する前後は控えましょう

飲酒をしたり食事の前後などは
内臓の活動が活発化して
刺激に対して思わぬ効果が出てしまう場合があります。
急な血圧の上下などが起こると危険なので
食事・飲酒・入浴などの前後1時間は控えましょう。

病気や妊娠中も控える

重度の高血圧
妊娠中や出産直後
発熱時
がん
その他病気の疑い
がある場合は控えましょう。

特に妊婦さんは婦人科系のツボを
むやみに刺激してしまうと
出産を誘発したり思わぬ事故につながる場合があります。

セルフケアだけじゃ治らない頭痛に

体験治療

頭痛はとてもつらい症状の一つです。
原因としては血流障害や身体の歪みが多く
セルフケアだけでは改善出来ない部分も多くあります。

また
頭痛薬は慣れると頭痛の呼び水になってしまいます。

もっと根本から治したい
薬はもうやめたい

津田沼ドレミ整体院では
そんな方のために体験治療を行っております。

➡頭痛を治したい

整体は外部から薬物に頼るのではなく
本来ある機能を取り戻す治療法です。

一度体験していただき
ご自身の体に合うのかお試しいただきたいと思います。

頭痛をしっかり治したい!

そんな患者様は是非一度ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

シェアするShare

ブログ一覧