047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

整体の効果を発揮する!トリガーポイントとは

ブログ

整体の効果を発揮する!トリガーポイントとは

目次

トリガーポイントってなに?どう整体に使うの?

トリガーポイントというのは

「痛みの引き金になる点」

という意味です。

簡単に言うと
痛みの引き金になる点=コリ(硬結)ができやすい部分
です。

具体的には
・血行が悪い
・力学的負担が強くかかっている
・その筋肉の支配神経の問題がある
などがあるとトリガーポイントが形成されます。

筋肉の緊張を取りバランスを整える整体には
施術の指標の一つとして使われます。

トリガーポイントを使った整体の効果

トリガーポイントには
「関連痛」
というものがあります。

この関連痛というのは
原因の場所とは離れたところに
痛み(自覚症状)を感じる
事を言います。

例えば「肩こり」

いつも肩の痛いところを押したり
動かしたりしているけどいまいち効果が出ない。

そんな人も多くいらっしゃると思います。

これは原因が別の離れた場所にあって
関連痛として肩に痛み(コリ)を感じている場合です。

肩をいくらマッサージしても
原因が別の場所にあるので効果が出ません。

そんな時にトリガーポイントの知識があり
関連痛を出すポイントを覚えていれば
原因を素早く特定できて効果が出やすくなります。

また効果として
肩こりや腰痛、五十肩やギックリ腰などの直接的なものにはもちろん
頭痛や歯の痛み、足の裏の痛みなどの原因に覚えがなかったり
不明瞭なものにも
関連痛のパターンを知っていることで対処が可能になります。

セルフケアとしても活用できる整体知識

トリガーポイントはセルフケアとしても効果があります。

要は
痛みの出る場所+痛みの引き起こしているポイント
を知っているだけでセルフケアとして活用できます。

自分が押せる範囲であれば指圧できますし
とどかない場所もマッサージボールや
ストレッチ器具を使っても効果的です。

ストレッチする際も
「腰が痛いけど関連するのはお尻だからお尻を伸ばそう」
などとあたりをつけやすくなり効果を出しやすくなります。

長年治らない痛みや、
原因がはっきりしない痛みがある人は
トリガーポイントを探してみるのが良いかもしれません。

まとめ

トリガーポイントは
痛みを引き起こしている原因の場所で
関連痛という離れた場所まで自覚症状を出します。

症状からどの筋肉に負担がかかっているか
逆引きのような原因の探り方もでき
セルフケアにも向いている治療法です。

いわゆるマッサージのうまい人というのは
知識としてトリガーポイントを知っていたり
経験則で理解したりしている人です。

様々な症状に効果がある整体の治療法の一つです。

なかなか治らない症状の方へ

今回はトリガーポイントについてお話ししました。

トリガーポイントは自覚症状に対して
とても効果のある治療法ですが
一番大事なのは
「なぜそこにトリガーポイントができてしまったか?」
という原因を知ることです。

自分の症状の場合はどうなんだろうか?

そんな方のために
当院では3回2980円のキャンペーンをご用意しました。

➡体験治療はこちら

体がつらくなった時にすぐに行ける整体があると
普段との違いを診てもらえる利点もあります。

ずっとつらい痛みを改善したいときに、本当に頼れる所かどうかご判断して頂ければと思います。

今抱えている症状をしっかり治したい!

そんな患者様は是非一度ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

シェアするShare

ブログ一覧