047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

病気に潜む、危険な腰痛の種類と原因

ブログ

病気に潜む、危険な腰痛の種類と原因

腰痛でつらそうな男性の写真

目次

整体では治らない危険な腰痛とは

整体では様々な腰痛に対応することが可能です。

ですが中には、
もうすでに体の調子を整えることで済む段階を超えてしまっている
腰痛があります。

それは
骨折と内臓の異常が原因の場合です。

これらが原因の場合はすぐに病院をお勧めし
対処が必要です。

具体的にどんなものがあるのかを知って
自分の腰痛が当てはまらないかどうか
また親や親戚、ご友人などとの話の中に
当てはまるようなことがなかったかどうか
チェックしてみましょう。

骨折による腰痛

腰痛というと範囲が広くありますが
主には
・背骨の骨折
・肋骨の骨折
のどちらかになります。

骨盤を骨折することもあるのですが
交通事故とかでなければ
ほぼないといえるでしょう。

ではこの2つをご説明します。

椎体圧迫骨折による腰痛

椎体というのは
背骨1個1個の本体の部分のことです。

主には
・高所からの飛び降り
・転倒によるしりもちをついた場合
などに起こります。

高齢者の方で
「何日も腰が痛くて全然変わらない」
と言っている方には要注意です。

私の実際いた患者様でも
最初は
「何もしていない、急に痛くなった」
と言ってもしつこく聞いていると
そういえば転んだ
とか
尻もちをついた
なんて答えが出てきます。

痛みの出ている背骨の上に手を当てて
その手の上を反対側の手でたたいて振動を与えたときに
痛みが出るようだと骨折の疑いがあります。

一度レントゲンかMRIを撮りましょう。

横突起・棘突起の骨折による腰痛

先ほどは椎体(背骨の本体)部分の骨折でしたが
これは本体から出ているでっぱりの部分の骨折です。

主には腰痛とはちょっと違う痛みなのですが
ぶつけた後に痛みが残ってなかなか治らない場合に稀にあります。

これも椎体圧迫骨折同様に
振動を与えて検査をします。

内臓の病気による腰痛

泌尿器系疾患の腰痛

腎臓が炎症を起こして腫れたりすると
背中やわき腹に痛みが出る場合があります。

腰痛や背中の痛みと勘違いして整体にいらっしゃる方もいます。

病名としては
尿管結石、水腎症、腎盂腎炎、腎梗塞、前立腺癌などがあります。

生殖器系疾患の腰痛

卵巣嚢腫、子宮筋腫などは
腫瘍に圧迫されたりすることで
下腹部痛、骨盤痛などの腰痛が出ることがあります。

主にはウエストより下のほうの
骨盤周囲に痛みが出ます。

消化器系疾患の腰痛

胃や腸が障害されることで神経を通って脊髄に刺激が入ったり
内臓と接する後腹膜に刺激が走ることで腰痛を感じます。

主には右背腰部に痛みを感じます。

疾患名としては
胃・十二指腸潰瘍、胆石、胆嚢炎(たんのうえん)、膵臓炎(すいぞうえん)
で腰痛が出ます。

循環器系疾患の腰痛

腹大動脈瘤では大きくなると背部通痛や腰痛を感じます。

破裂した場合は8~9割の確率で死亡しますので
絶対に見逃してはいけない症状です。

この腰痛は怪しいと感じたら

今回は骨折や内臓の病気によって引き起こされる腰痛について
お話いたしました。

これらは自分の身を守るためもそうですし
ご家族の体調管理にも知っておいたほうが良い知識になります。

特に内臓の病気で腰痛が強く出ている場合は
緊急性が高くなることが多いので注意が必要です。

・腰に違和感を感じる
・普段から腰痛はあるけどほかっている
・たまにズキッと来るけどすぐ治るからそのまま

「今回もすぐ治ると思ってた…」
患者様の多くがおっしゃられます。

痛みがひどくなる前に
ぜひ体と向き合ってみてください。

自分の腰痛はどうなのか心配な方へ

津田沼ドレミ整体院お試し治療の案内

・自分の腰痛はどうなのか心配...
・本当は内臓の不調からきているのかも...
・でも自分ではわからないし...

そんな方の為に
津田沼ドレミ整体院では
体験治療を行っております。
➡腰痛の体験治療

を行っています。

あなたの生活状況や腰痛の起こり方
触診や可動域検査から原因を見つけ出します。

もし一度しっかり診てもらいたいという方がいれば
体験治療にいらっしゃることをお勧めいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

著者情報:この記事を書いた人

この記事を書いた人

名前:印牧 幹郎 (かねまき みきろう)施術歴12年
資格:
国家資格 柔道整復師(じゅうどうせいふくし)
さとう式リンパケアMRT基礎・応用修了セラピスト
概要
実家は祖父、父、叔父にて治療院を経営。
自身も国家資格である柔道整復師を取得後、東京・千葉・埼玉で30院の大手整骨院グループで約10年勤務し、管理柔道整復師や院長を務める。
地域医療の一端として外傷含む様々な症状を、会社独自の手技療法やオステオパシー手技を用いて年間5000~6000回を施術。
その後、保険で対応できない慢性症状に悩む患者さんを中心に施術をするために整体を営み現在に至る。
慢性腰痛・肩こり・頭痛・神経痛・変形性関節症・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなど
病院で相談しても中々変わらないと悩んでいる方のちからになれるよう日夜勉強と施術の日々を送っている。

シェアするShare

ブログ一覧