047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

長く歩けない!脊柱管狭窄症の症状と原因

ブログ

長く歩けない!脊柱管狭窄症の症状と原因

脊柱管狭窄症で臀部に痛みを感じる男性の写真

目次

脊柱管狭窄症ってなに?

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは
背骨の後ろ側にある
神経の束が通る管の脊柱管が
狭窄(狭くなる)することで
神経を圧迫して下肢にシビレがでる事を言います。

脊柱管が狭くなるには3つの原因があります。

椎間関節や黄色靭帯の肥厚

加齢とともに
椎間板の水分が減少することで
椎間板腔が不安定になります。

そのことが原因で
椎間関節や黄色靭帯が肥厚(分厚くなる)し
脊柱管を狭めてしまいます。

背骨そのものの変形

人の身体は環境に適用するようにできており
悪い姿勢を続けていたりすると
猫背になったり
反り腰になったりします。

そして長い年月をかけて
偏った姿勢の圧力に背骨自体が変形し
脊柱管を狭めてしまうことで発症します。

椎間板ヘルニアの合併

椎間板ヘルニアは
背骨の間にある椎間板から
髄核というものが飛び出る症状です。

詳しくは別記事をご覧ください。

この髄核が飛び出した方向により
脊柱管が狭まり発症することがあります。

脊柱管狭窄症の種類

脊柱管狭窄症は大きく分けて3種類の型があります。

障害を受ける高さによって症状が変わりますので

神経根障害型(椎間孔狭窄症)

日常の姿勢や
仕事や家事などの癖などにより
左右片側に変形や肥厚で狭窄が起こり
神経根が障害された場合に起こります。

椎間孔狭窄症という形です。

症状は片側に出る事が多く
障害された方向に傾いて
腰を反ると症状が増大します。

馬尾型

馬尾神経というのは
脊髄神経の下の方腰椎1番~腰椎2番から始まる
馬のしっぽのように伸びる神経群のことを言います。

馬尾神経が障害されると
広範囲に症状が出やすく
神経痛や痺れだけではなく
感覚異常や排尿・排便のコントロールにも影響がでます。

混合型

神経根型と馬尾型が
両方とも起こった場合です。

両方の症状が出現し
症状は重くなります。

脊柱管狭窄症の症状は?

腰から下のシビレや痛み

脳から背骨の中を通っている脊髄神経を
背骨の変形やズレ、
靭帯の肥厚などによって障害され
シビレや痛みを感じる症状がでます。

安静時には症状があまり出ないことも多く
背骨を反ったり、歩いていたりすると痛みや痺れが出現します。

ただ脊柱管狭窄症が原因でバランスが崩れるのを防ぐために筋肉が固くなり
腰痛がでたりすることもあります。

間欠性跛行(長く歩けない)

間欠性跛行(かんけつせいはこう)というのは

「歩いているとだんだん腰が痛くなったり、
シビレが出てきてしまい、
少し休むとまた歩けるようになる」


という症状のことを言います。

この間欠性跛行が出始めると
脊柱管狭窄症を疑います。

休む際に
特に前かがみの姿勢になると
脊柱管が広がり緩和されることが多いです。

ただし、
「閉塞性動脈硬化症」
という疾患でも間欠性跛行がでますので
混同してしまうといつまでたっても治らない
なんてことになりがちです。

脊柱管狭窄症の治療法

手術で脊柱管を拡張

脊柱管狭窄症の手術は
・両側性の場合
・歩行困難な場合
・痛みが強い場合
などに行われることが多いです。
他にも年齢や生活状況などにもよって決定されます。

「痛い(シビレる)けど、まぁまあ歩ける」

などの日常生活に支障が少ない場合は
手術はしないことが多いです。

神経ブロック・投薬

神経ブロックというのは障害されている神経に局所麻酔をうち
痛みを感じている神経を、神経破壊を起こさせたり機能を失わせるものです。

また脊柱管内の血行障害を改善するために
結構の良くする薬を処方されたりもします。

リハビリテーション

運動やストレッチで血流を良くしたりなどの
トレーニングや体操の指導で改善するものです。

医師の指導のもと理学療法士の方がメニューを考え
トレーニングを一緒にやってくれたりします。

ただし保険の関係上、腰にまつわる部分以外は行うことが出来ません。

基本的には自動運動(自分でする運動)が多く行われます。

整体

整体の場合は
リハビリテーションと違い
他動的(人にやってもらう)な施術がメインになります。

リハビリテーション(保険治療)では診ることが出来ない
全身の施術をすることが出来ます。

背骨のバランスは足腰だけで決まるものではありません。
上半身の傾きや動きの悪さなどの影響も多くあります。

また運動指導だけではなく、患部やその関連する箇所に対して
筋肉や関節を緩めたりなどの直接的な施術が出来ます。

起こってしまった脊柱管狭窄症を何とかしたいリハビリテーションに対して
なぜそこに負担がたまり脊柱管狭窄症になってしまったのか?という原因を施術する整体
という違いがあります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

体験治療

病院で対処療法を行ってもなかなか良くならない
手術も勧められたけどしたくない

そんな方の為に
津田沼ドレミ整体院では
体験治療を行っております。
➡脊柱管狭窄症の体験治療

を行っています。

脊柱管狭窄症は周りの筋肉を硬くして他の症状も引き起こします。

・患部だけではなく身体の全体のバランスから診てほしいという方。
・なぜ腰に負担がかかってしまっていたのか?原因から治療したい方。
・よくわからないけど詳しい説明をしてくれるところを探している方。

そんな方はぜひ一度体験治療をお勧めいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

シェアするShare

ブログ一覧