047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

急な腰の痛み!椎間板ヘルニア

ブログ

急な腰の痛み!椎間板ヘルニア

腰痛、ヘルニアで整体に来た男性

目次

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは
背骨の骨(腰椎)と骨の間にある
椎間板という軟骨に負担がかかることによって
髄核(ずいかく)というものが
椎間板の中から飛び出してしまうことで起こる疾患のことを言います。

好発年齢は20~40歳代。

男女比は2~3:1くらいになります。

腰椎の4番5番間が一番多く
次いで腰椎5番仙骨間、腰椎3番4番間に
起きやすいとされています。

脊椎疾患の中では罹患率が一番多く
坐骨神経痛などを併発します。

椎間板ヘルニアの多くは
脊柱管内に髄核が突出しますが
中には脊柱管外にヘルニアが出ることがあります。

この脊柱管外ヘルニアは
脊柱管内のヘルニアと比べ症状が強いことが多い反面
稀なので画像診断でも見逃されることがあります。

ヘルニアの出る方向や程度によって
動けないくらいの症状が出る人から
無症状の人までいらっしゃいますので
自分がどんな状態なのかしっかりと知る必要があります。

実際に手術が行われるヘルニアは全体の約3割以下といわれています。

ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアになる人の多くは
日常的に腰に負担がかかる姿勢をとっていることが多いです。

特に
・中腰姿勢
・しゃがんだ姿勢
・長時間座っている姿勢
などです。

また
重たい物を複数回持ち上げたり降ろしたりすることや
立ったり座ったり、跳んだり跳ねたりなども
瞬間的に椎間板に圧力がかかるので
原因になりやすいです。

腰痛になりやすい職業などはこちらで詳しく解説していますので
興味のある方はこちらをご覧ください。

➡職業別、腰痛になりやすい仕事とは?姿勢改善の方法って?

また栄養状態や不摂生が続き
椎間板の老化が進んでいる人も
健康な人に比べてヘルニアが起きやすくなります。

椎間板ヘルニアの症状は?

腰から下のシビレや痛み

脳から背骨の中を通っている脊髄神経を
背骨の変形やズレ、
靭帯の肥厚などによって障害され
シビレや痛みを感じる症状がでます。

安静時には症状があまり出ないことも多く
背骨を反ったり、歩いていたりすると痛みや痺れが出現します。

ただ脊柱管狭窄症が原因でバランスが崩れるのを防ぐために筋肉が固くなり
腰痛がでたりすることもあります。

間欠性跛行(長く歩けない)

間欠性跛行(かんけつせいはこう)というのは

「歩いているとだんだん腰が痛くなったり、
シビレが出てきてしまい、
少し休むとまた歩けるようになる」


という症状のことを言います。

この間欠性跛行が出始めると
脊柱管狭窄症を疑います。

休む際に
特に前かがみの姿勢になると
脊柱管が広がり緩和されることが多いです。

ただし、
「閉塞性動脈硬化症」
という疾患でも間欠性跛行がでますので
混同してしまうといつまでたっても治らない
なんてことになりがちです。

下肢の筋力低下

障害された神経の場所により
足の筋肉に筋力低下が起こることがあります。
長拇趾伸筋や長短腓骨筋などに筋力低下が現れると
歩行に障害が現れます。

椎間板ヘルニアの治療法

保存療法

保存療法というのは
リハビリや注射、薬の処方などの手術以外で治す治療法です。

ヘルニアは時間の経過とともに
貪食細胞という
いらないものを壊す細胞によって
なくなることがあります。

ですので血流を良くしたり
患部に負担がかからないようにしたり
筋力をつけたりなどをすることで
症状が悪化しないようにして
治るのを待つという保存療法が多く行われます。

内視鏡手術

手術は椎間板ヘルニアの全体の1~3割程度が適用であるようです。

あとは
・急いで直す必要がある場合
・痛みに我慢ができない場合
などの事情があると
手術をされることもありますが
基本的には保存療法が選ばれることが多いようです。

整体で椎間板ヘルニアは治るのか?

椎間板ヘルニアは7割以上が保存療法の適用です。
つまり手術はあまりしないことが多いのです。

津田沼ドレミ整体院の整体は
「なぜ患部にヘルニアができてしまったのか?」
「どうすれば患部の負担を減らすことができるのか?」
をメインに施術を行ていきます。

椎間板ヘルニアになると激しい運動は難しくなりますし
投薬での治療ではごまかしているだけで
なぜヘルニアになったのか?は改善しません。

・患部だけではなく全身の血流を良くして、
自然治癒力を向上する(早く治りやすくする)
・患部に負担がかからないようにバランスを整える
・必要な筋肉を鍛えたりストレッチしたりと、
自分ではわかりずらい部分を客観的に診てアドバイスする

などを行うことで、将来のリスクを減らしながら
保存療法をしていくことができます。

椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

津田沼ドレミ整体院お試し治療の案内

病院で対処療法を行ってもなかなか良くならない
手術も勧められたけどしたくない

そんな方の為に
津田沼ドレミ整体院では
体験治療を行っております。
➡椎間板ヘルニアの体験治療

を行っています。

椎間板ヘルニアは周りの筋肉を硬くして他の症状も引き起こします。

・患部だけではなく身体の全体のバランスから診てほしいという方。
・なぜ腰に負担がかかってしまっていたのか?原因から治療したい方。
・よくわからないけど詳しい説明をしてくれるところを探している方。

そんな方はぜひ一度体験治療をお勧めいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

著者情報:この記事を書いた人

この記事を書いた人

名前:印牧 幹郎 (かねまき みきろう)施術歴12年
資格:
国家資格 柔道整復師(じゅうどうせいふくし)
さとう式リンパケアMRT基礎・応用修了セラピスト
概要
実家は祖父、父、叔父にて治療院を経営。
自身も国家資格である柔道整復師を取得後、東京・千葉・埼玉で30院の大手整骨院グループで約10年勤務し、管理柔道整復師や院長を務める。
地域医療の一端として外傷含む様々な症状を、会社独自の手技療法やオステオパシー手技を用いて年間5000~6000回を施術。
その後、保険で対応できない慢性症状に悩む患者さんを中心に施術をするために整体を営み現在に至る。
慢性腰痛・肩こり・頭痛・神経痛・変形性関節症・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなど
病院で相談しても中々変わらないと悩んでいる方のちからになれるよう日夜勉強と施術の日々を送っている。

シェアするShare

ブログ一覧