047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

腰痛と神経痛の原因、腰椎すべり症・分離症

ブログ

腰痛と神経痛の原因、腰椎すべり症・分離症

目次

腰椎すべり症とは

背骨は本来人体や筋肉などの軟部組織で支えられていて
積み木のように重なっています。

それが何らかの原因で安定性が失われて
腰椎がすべる=ズレてしまい
様々な症状を引き起こすものです。

腰椎すべり症のタイプ

腰椎変性すべり症タイプ

腰椎変性すべり症は
原因は不明ですが、
多くは加齢に伴い、関節を安定させている
靭帯・椎間板などの組織が変性してしまうことで
すべり=ズレが起きてしまうタイプです。

この「加齢に伴い」という部分は様々な要因が考えられますが
腰に負担をかけている事による疲労や血流の悪さによって
柔軟性や弾力が失われ退行変性として起こります。

分離すべり症タイプ

背骨は前方部分にある「椎体」と
後ろ側にある「椎弓」があります。
この椎体と椎弓が分かれてしまった状態のことを腰椎分離症といい
分離して安定性が失われて
滑った状態(ズレた状態)になったものを
「腰椎分離すべり症」と言います。

腰椎すべり症の症状は?

腰椎すべり症の主な症状としては腰痛がでます。
その他にも
すべりが起きている周囲の神経などを刺激したり
血行が悪くなったり
防御反応で筋肉が固くなることによって
下肢に神経痛や痺れがでる場合もあります。

場合によっては
少し歩くと腰下肢が痛み始め
少し休むとまた歩けるけど
またすぐに痛み始めるというのを繰り返す
「間欠性跛行」
という症状が出る場合もあります。

腰椎すべり症の治療法

保存療法

保存療法というのは
リハビリや注射、薬の処方、運動療法などの
手術以外で治す治療法です。

手術適用外の腰椎すべり症は
・患部の安定性の向上
・患部への負担の軽減
をすることによって症状を軽減させたり
悪化の防止を行います。

具体的には筋肉の調整や姿勢矯正
筋トレなどで一番症状のでにくい身体の状態を目指します。

手術

脊椎の不安定性が少ない場合は
ズレて圧迫している脊椎の圧力を逃がす除圧術を行います。
神経を圧迫している椎弓を削り除圧します。

また脊椎の不安定性が強い場合は
脊椎の固定を行います。

整体で腰椎すべり症は治るのか?

腰椎すべり症・分離症は
安定性がなくなっている部分の筋肉を調整して
力が入りやすい状態にしたり
患部に負担がかからず
他の部分で庇えるような姿勢をとれるようにすることで
症状の改善が可能です。

変形や分離自体は治すことが出来ませんが
症状を引き起こしている原因を調整していきます。

・患部だけではなく全身の血流を良くして、
自然治癒力を向上する(早く治りやすくする)
・患部に負担がかからないようにバランスを整える
・必要な筋肉を鍛えたりストレッチしたりと、
自分ではわかりずらい部分を客観的に診てアドバイスする

などを行うことで、将来のリスクを減らしながら
保存療法をしていくことができます。

腰痛や痺れ、神経痛でお悩みの方へ

体験治療

手術はしたくないが
痛みや痺れは何とかしたい。

そんな方の為に
津田沼ドレミ整体院では
体験治療を行っております。

➡すべり症の体験治療

を行っています。

腰椎すべり症は周りの筋肉を硬くして他の症状も引き起こします。

・患部だけではなく身体の全体のバランスから診てほしいという方。
・なぜ腰に負担がかかってしまっていたのか?原因から治療したい方。
・よくわからないけど詳しい説明をしてくれるところを探している方。

そんな方はぜひ一度体験治療をお勧めいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

シェアするShare

ブログ一覧