047-489-1231

ブログBlog

Blog

047-489-1231

営業時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~20:00

定休日

日曜・祝日

Home > ブログ >

熱中症について

ブログ

熱中症について

熱中症

目次

すごく身近に起こる夏の熱中症

今年は特に梅雨明けが早く
7月に入る前から一部地域では40度を超えるほどになってきています。

私の子供の頃は日射病なんて言っていましたが
現在は気温自体が上昇したことから日差しだけが原因ではないので
「熱中症」というようになりましたね。

熱中症とは
体温が上がり、
体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、
体温の調節機能が働かくなったりして、
体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛
などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

を言います。

場合によっては死にも至る危険なものなのでしっかり理解して
自分の予防や、近くでなった人がいたら助けられるようにしましょう!

熱中症のサイン

熱中症の初期症状は
・顔が赤くなる
・倦怠感
・吐き気
・頭痛
・めまい
・立ちくらみ
・脈が速くなる
・唇が痙攣する

さらに進むと失神したりすることもあり
とても危険です。

熱いさなかで以上のような症状を感じたら
些細なことと考えずに早めに対策を取りましょう。

熱中症のメカニズム

熱中症は
水分不足や環境の温度が高いために
体温が上昇し、体から熱を放出しようと血管を拡張すします。
そうすると血圧が下がり、脳への血液の供給が足りなくなることで
めまいや立ちくらみ、けいれんや熱失神などを引き起こします。

なので熱中症になった場合は速やかに体温を下げることが大事になります。

熱中症の重症度

熱中症は3段階で重症度が決められています。
症状に合った対処法をしましょう。

重症度Ⅰ(軽傷)

重症度Ⅰ

顔のほてりや軽いめまい
筋肉のけいれんや筋肉痛

これらの症状は、
現場での対応が可能な応急処置で治療が可能です。

・水分補給
・塩分補給
・体を冷やす
・涼しい場所に移動する

などして安静にしてください

重症度Ⅱ(中等症)

中等症

体のだるさや吐き気を伴う状態です。

ここまで来てしまうと万が一に備えて
病院への搬送が必要になります。

もちろん救急車が来るまでの間は
軽傷の時のように
・水分補給
・塩分補給
・体を冷やす
・涼しい場所に移動する
などの応急処置も併せて行いましょう。

重症度Ⅲ(重症)

・意識がない
・まっすぐ歩けない
・体が熱い
・体がひきつる
・呼びかけに対する返事がおかしい


等の症状が現れます。

このような症状が現れている場合は
すぐに救急車を呼びましょう!

救急的な対応が必要なので
衣服を緩め身体を冷やしましょう!

詳しくは次の応急処置で

熱中症の応急処置について

熱中症は体に体温が蓄積されてうまく排出できずにどんどん熱が上がっていきます。
なので一番はまず体温を下げること
ではどうやったら効率よく体温を下げることができるのか?

家の場合

風呂場にゆっくりと静かに運んで、水風呂を作り身体を浸からせます。
その水に氷を入れて水温を下げシャワーで水をかけていきます。

これはアメリカの救急隊などでも使われる救助法で
深部体温をいかに早く下げるかということでは一番の対応法です。

ただ限られた条件下でしかできない方法なため家にいるっ倍は良い方法だと思います。

室内で風呂がない場合

服を緩め
濡れた布巾やタオルを関節にあて
冷房の風が当たる位置に連れていき
扇風機などと併用して体を冷やしていきます。

屋外の場合

運動場など屋外の場合
水道近くの日陰や涼しい場所に運び水を身体にかけ続けます。
併用して氷嚢や仰いで風を送るなどして身体を冷やしていきながら救急車を待ちましょう。

終わりに

OKサイン

熱中症は発症してから最初の30分が勝負であるといわれています。
今回の記事を頭の片隅に入れておいてもらうだけで
周りにいる人や自分の熱中症被害のリスクを下げられるとともに
応急処置もできるのでぜひ覚えておくと安心ですね!

中々治らない症状に諦めかけているあなたへ

津田沼ドレミ整体院お試し治療の案内

今回は熱中症についてお話ししました。

熱中症では毎年何人もの人が亡くなっていてとても危ない症状です。
熱中症までいかなくても、昼間に多量の汗をかいたり
温度差などで身体が疲労しやすい時期でもあります。

それをきっかけにぎっくり腰などでいらっしゃる方も増えますので
ご自身のお身体にも気を使ってあげてくださいね。

詳しくお話を聞いて治したいという方向けに
津田沼ドレミ整体院では
体験治療を行っております。

➡身体の不調を治したい体験治療

本気で身体を治したいという方は一度ご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたの人生が今日も明日も素晴らしいものに変わることを祈って。

著者情報:この記事を書いた人

この記事を書いた人

名前:印牧 幹郎 (かねまき みきろう)施術歴12年
資格:
国家資格 柔道整復師(じゅうどうせいふくし)
さとう式リンパケアMRT基礎・応用修了セラピスト
概要
実家は祖父、父、叔父にて治療院を経営。
自身も国家資格である柔道整復師を取得後、東京・千葉・埼玉で30院の大手整骨院グループで約10年勤務し、管理柔道整復師や院長を務める。
地域医療の一端として外傷含む様々な症状を、会社独自の手技療法やオステオパシー手技を用いて年間5000~6000回を施術。
その後、保険で対応できない慢性症状に悩む患者さんを中心に施術をするために整体を営み現在に至る。
慢性腰痛・肩こり・頭痛・神経痛・変形性関節症・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなど
病院で相談しても中々変わらないと悩んでいる方のちからになれるよう日夜勉強と施術の日々を送っている。

シェアするShare

ブログ一覧